フランチャイズビジネスについて

実はビルクリーニングの大会が世の中にはある

東京都内には数多くのビルが立ち並び、そのビルの中にはオフィス、飲食店、娯楽施設、リラクゼーション施設などが入っています。
私達は何気なくビルを見ていますが、ビルは様々なクリーニング方法で綺麗な状態を保っているのです。
ビルクリーニングにはビルクリーニング技能士という免許があり、試験は正誤法で行われて、65%以上正解すれば合格となります。

合格率は大体50%前後ですが、しっかりと対策を練ればかなり高い確率で合格することが出来ます。
試験ではビルクリーニングの基礎的な知識、ビルメンテナンスに関する基礎的な知識、内装や外装に使われる材質に関する知識、その他専門的な知識などが問われます。

また、ビルクリーニングにはその技術を競う大会があります。
日本中のビルクリーニング会社、ビルメンテナンス会社の社員が各競技で日頃の成果を発揮します。
全国ビルクリーニング技能競技会という大会では、弾性床材の表面洗浄床維持剤塗布仕上げ作業の準備、作業、片付けなどのスピード、丁寧さなどを競います。

さいたまスーパーアリーナ会場はさいたまスーパーアリーナで、各地区から代表者が集まり、ナンバーワンを決めます。
見ていると簡単なように見えますが、繊細かつ忍耐強い作業が求めらます。
ビルクリーニングはビル管理会社からの作業委託で仕事をしているので、ビルを傷つけること、設備を傷つけることは絶対にしてはいけません。
なので、いくら作業のスピードが速くても作業が雑だとマイナスです。

ビルクリーニングアイデアグッズ?

全国ビルクリーニング技能競技会では、大賞に輝いた会社は信頼を一気に上げることができます。
大賞を受賞するということは、優秀な人材がいるという評価にも繋がるので、仕事を依頼する方からすると、大賞を獲得している人材がいる会社に仕事を頼みたいと思うのが当然です。

全国ビルクリーニング技能競技会以外にもクリーニング技術を披露する催しもあり、こういった催しのおかげでクリーニング技術の底上げにも繋がっています。
ビルクリーニングは、ビルクリーニング技能士という専門の免許を所有しているビルクリーニングのプロフェッショナルが行います。

なので、ビルクリーニングには普段私達が使うことがないようなアイデアグッズが多く使用されています。
ビルクリーニングのアイデアグッズは日々新しいものが開発されていて、ビルクリーニングの新製品発表会、PRイベントなどでお披露目されています。
アイデアグッズは現場で試してみて、創意工夫や改良を重ねて徐々に完成度を高めていきます。

また、個人や企業などの垣根を越えてアイデアグッズを募集しているコンクールもあります。
こちらのコンクールは一般参加が可能なので、主婦の創意工夫で生まれたグッズから、大学生が改良を重ねて開発した斬新なグッズまで色々あります。
コンクールで大賞に輝いたアイデアグッズ製作者には賞金が与えられて、展示会などで多くの人の目に触れることになります。
もしかしたら後に商品化する可能性もあります。