フランチャイズビジネスについて

ビルメンテナンスに関連した資格は何があるのか?

ビルメンテナンスをする場合、必須の資格はありません。しかし、メンテナンス技術を持っていることを証明できる資格があります。
これからビルメンテナンスの業界に入りたいという人は、自分の持つ技術力の証明として資格を受けるといいでしょう。

資格の勉強をする女性教科書や問題集を読むことによって試験に慣れることができます。
勉強をすればするほどに理解が進んでいきますから、すきま時間を利用してコツコツと学習していきましょう。
ビルメンテナンスに適している資格は複数ありますので、まずは内容を把握することが重要です。

手当たり次第受験するよりも、照準をしぼって合格を目指してください。
そのほうが効率的に学習できるだけでなく、会社からの評価も高くなります。
勉強に費やせる時間によっても変わってきますが、会社から求められている資格を優先的に受験するのがおすすめです。
会社の中には、資格取得のための手当てを出しているところもあります。
自分の仕事に適した資格を見つけられれば、モチベーションもアップします。

ビルメン4点セットとして知られているビルクリーニング技能士、ビル設備管理技能士、危険物取扱責任者、電気工事士の資格を持っておくと、転職にも役立ちます。
他の業界から転職をする際には、実務経験が不足しているぶん、資格を取得していればアピールすることができます。
実際に勉強したことが現場でも役立つので、ビルメン4点セットをメインに合格を目指していきましょう。

ビルクリーニングのための資格とは

ビルメンテナンス関連の資格としては、ビルクリーニング技能士があります。
一級から三級まであるため、徐々に難易度の高いものを目指していきます。
筆記試験だけでなく、実技作業もありますから、入念な準備が必要です。

電気設備や機械をはじめとする環境衛生を維持する技術を持っていることの証明になります。
ビルクリーニングをする会社に転職したい人だけでなく、会社内で出世したい人は合格を目指すことをおすすめします。
また、ビル設備管理技能士は一級と二級があります。

それぞれに受験資格があるので注意してください。
たとえば、一級を受ける際には7年のビル設備管理に関する実務経験が必要です。
高校卒業では6年、大学卒業では4年の経験が求められます。

スケジュールを組んで合格を目指すことが大切ですから、自分の仕事に適した資格を選んでいきましょう。
そのためにもまずは、内容をじっくりと知ることから始めてください。
ビルメンテナンスの業界で働いている先輩や友人がいる場合には、実際に話を聞くことも有効です。

どんな資格を取れば役立つかを聞いてみましょう。
電気関連の仕事をしたいのであれば、電気工事士の資格取得者の話が参考になります。
機械や衛生に関することは、実地で覚えていくといいでしょう。

ひとつひとつの仕事を真剣に取り組むことによって、自然と資格の勉強にもなります。
楽しみながら技術を身に付けていけば、自然と合格できる力も養われていきます。