フランチャイズビジネスについて

ビルクリーニングの仕事内容と魅力を伝える

オフィスビルビルクリーニングの仕事内容は建物内の清掃で、オフィスビルをはじめ、病院やショッピングセンター、デパート、スーパーなど不特定多数の利用者が使用する建築物を対象に清掃を行います。
目的は施設の利用者が快適に過ごせるように衛生環境の整備、美観の維持を行うことです。

やりがいとしては汚れている箇所が綺麗になっていくのが分かり、施設の関係者や利用者から感謝されることもあります。
特にオフィスビルでは利用者から直接、ホテルでは感謝の手紙などをもらうことが多いのが特徴です。
また利用者が快適に過ごしているのを見るのも嬉しく、誰かのためになる仕事であり、作業の結果がはっきりと目に見えるのでやりがいにつながります。

またビルクリーニングはチームプレイで行うことが多く、これも魅力の一つです。
皆で協力して行うことでやる気に繋がり、関係性も深まり、先輩からは仕事の範囲を超えて人生のアドバイスをもらった、役立ったという意見もあります。
チームプレイだからこそ足りない分を補え、スムーズな作業ができるようになるのもよく、単独では厳しい作業もやりやすいです。

また清掃の技術は仕事だけではなくプライベートにも活かすことができる、体を動かすので運動不足の解消、自然とダイエットできたという人も多くいます。
いわゆる3Kと敬遠されがちですが、最近は清掃用具も進化しているので、以前に比べると作業自体はそれほど大変ではなく、初心者でも比較的楽に行えるのが魅力です。

ビルクリーニングのマイナス面は?

ビルクリーニングの仕事内容はメリットだけではなくデメリットもあり、ゴミの処理は衛生環境のために必要不可欠ですが、人によっては苦手意識が高いものです。
3Kと言われる原因であり、心理的な負担だけではなく病気に陥るリスクもあるので気を付けなければいけません。

清掃業務の中でゴミの処分が特に重要視されていて、こちらには室内清掃とは異なり、感染症のリスクが存在しています。
不特定多数が利用する施設では病気を持っている人もいて、血液や汚物などから感染症にかかる可能性が考えられるので注意が必要です。
ビルクリーニングは施設内のあらゆるところを清掃していき、気を付けたいのはトイレで、目に見えない部分に危険が潜んでいます。

他にも清掃の時には同じ姿勢を取らなければいけなく、さらに作業道具は進化して使い勝手が良くなりましたが、そのため重くなっているので持ち運びが大変です。
エレベーターのない建物も存在しており、想像している以上に体力を使い、肉体的な疲労も大きくなります。
作業内容そのものは基本的には誰にでもできますが、適性や性格によって厳しさが変わってきますので、メリットとデメリットを知ることが重要です。

時間的にも営業が終わってからの作業となり深夜帯が多数となり、昼夜逆転の生活になることを覚悟しなければいけません。
慣れれば辛さはなくなりますが、昼間に働いている人と時間帯が合わなくなるなど、交友関係が難しくなる場合があります。