フランチャイズビジネスについて

ビルクリーニングとビルメンテナンスの違い

ビルとはビルディングの略称で、建物という意味ですが日本では高層ビルや雑居ビルのことを意味して使うことが多いです。
オフィスビルの場合はオフィスとしての需要が高いですが、基本的にはどのようなジャンルの企業、お店、施設が入っても問題はないです。
ビルの中にはフロアごとにたくさんの部屋があり、フロア内を清潔に保つにはかなりの時間が掛かります。
なので、ビルの管理者は専門のクリーニング業者を頼んでクリーニングをすることが多いです。

清掃用具ビルを専門にクリーニングを行う業者のことをビルクリーニング業者と呼びます。
ビルクリーニング業者は様々なクリーニング機器を使用して床や壁、天井やトイレなどの内装を綺麗にしていきます。
床は清掃から始まり、ふき取り、ワックスがけまで丁寧に行います。

ビルによってクリーニング頻度は様々で、一年に一度大掛かりなクリーニングを行うケースや、毎月クリーニングをして綺麗な状態を常に保つように心掛けるケースもあります。
ビルクリーニングとは別に、ビルメンテナンスというものもあります。
ビルメンテナンスは、ビルクリーニングと同様に専門の知識を持った業者が行います。

ビルの中にはエレベーター、監視カメラ、火災検知器、コンプレッサー、業務用のエアコンなど、ビルの種類によって様々な設備が完備されています。
こういったビル特有の設備などのメンテナンスを担当するのがビルメンテナンス業者です。
ビルメンテナンス業者は点検だけではなく、修理も行うので高い技術が必要です。

ハウスクリーニングという仕事もある

ここまでの説明でビルクリーニングとビルメンテナンスの違いについては理解が出来たともいます。
次はハウスクリーニングとハウスメンテナンスの違いについて説明していきます。
ハウスクリーニングは主に一般家庭をターゲットにしたクリーニングで、BtoCのビジネス形態の企業が多いです。

一方でハウスメンテナンスは福祉施設やモデルハウス、展示場などをメンテナンスすることが多いです。
ハウスメンテナンスはBtoBのビジネス形態の企業が多いです。

ここで言うBtoBとは企業間取引のことで、BtoCとは個人向けの取引のことを言います。
ハウスクリーニングという仕事は一般家庭をターゲットにしているので、エアコンのフィルター清掃、換気扇の清掃などの細かい作業も行います。
高い技術が必要なわけではないですが、きめ細かい作業とコミュニケーション能力が必要になります。

仕事は一般家庭にお邪魔して行うので、コミュニケーションは大事な要素です。
ハウスメンテナンスは一般家庭とは少し違い、大きな施設やモデルハウスからの依頼が多いです。

一般家庭にはない専門的な機材や設備もあるので、そういった機材や設備を整備、点検するための高い技術力が必要になります。
なので、ハウスメンテナンス業者は、自社の技術力をアピールするために展示会やホームページで技術力をアピールをしています。
優秀な人材、高い技術力を持った業者は、優先的に仕事を獲得することが出来ます。