フランチャイズビジネスについて

フランチャイズビジネスならビルクリーニングがお勧め

会社員以外の働き方の選択肢として、フランチャイズビジネスがあります。
共通の店舗名を使用することでブランドイメージの定着を図ることができますし、個々のスキルやノウハウを企業として集め、本来であれば経験が必要とされる技術を初めての方でも出来るようにマニュアル化できるメリットがあります。
多くの方がこれまでに経験した種類の仕事でフランチャイズビジネスに参入することを考えますが、ビルクリーニングは近年人気を博している事業分野です。

研修を受ける人たちビルクリーニングはオフィスビルの清掃をすることが業務になりますが、普段の生活の中で清掃は行っていますし、ビルクリーニング特有のノウハウについてもフランチャイズ本部での研修を通じて知ることができます。

また店舗を構えない業態であることも人気の理由です。個人事業である以上、軌道に乗るまでは生活が立ち行かなくなるリスクがあります。
どんな事業でも設備投資は必要ではありますが、コンビニエンスストアや飲食店などのように店舗を構える必要がないことから始める時の資金が少額で済みます。
清掃に必要な道具と自動車があれば十分でしょう。

またビルクリーニングはオフィスビルを運営する上で必要になるものです。
我慢をして節約をするというものではないことも事業を始める上で有利に働くでしょう。
スキルと営業力があればお得意様を増やし、安定した収入につなげることが可能です。
リスクとリターンの割合を考えると、今後も注目したいフランチャイズビジネスと言えるでしょう。

時代から見た、ビルクリーニングの展望

かつては、オフィスの清掃は自社のスタッフで行っていた会社も多いでしょう。
年末には社員総出で大掃除をするのが定番でしたが、労働時間短縮の必要性などから、営業利益に関係のない部分の仕事を外注化する傾向が顕著になっています。
ビルクリーニングを利用する側としても、社員一日分の賃金やサービス出勤を求めざるを得ないことよりも、プロの仕事にお金を払った方が良いと考えるようになったのです。

市場規模についてはビル管理業務の市場全体で3兆円ほどと言われています。
ビル全体の管理を行う仕事も含まれてはいますが、近年堅調に推移しており、今後も市場規模が拡大していくことが期待されます。
オフィスビルは人口減少の影響を受けにくい分野ですので、フランチャイズビジネスで参入するのにも適した業界です。

インターネットで情報を得る女性どの業界にも当てはまることかも知れませんが、仕事の上で専門性が重視されるようになってきました。
顧客満足度と言う言葉が一般化されたように、お客様は細かい部分までクオリティの高い仕事を要求します。
またインターネットで情報を得ることが浸透したことで、簡単に他社の情報を得ることができます。
これまでは付き合いや今まで利用しているから目をつぶってきた部分についてもシビアになるでしょう。

始める際の資金こそ少なく済みますが、お客様のオフィスを毎日清掃し続ける根気強さと、サービス付加価値を付けるための姿勢が成功のポイントとなります。
しかし市場全体のパイが増える傾向にあることは他業種と比較した時のアドバンテージと言えます。